RYKEY「神戸へ来たら許してやる」YZERR 「川崎に来たら相手してやるよ 小物」阿修羅マイク「ビーフは曲でやれ」

RYKEY「神戸へ来たら許してやる」YZERR 「川崎に来たら相手してやるよ 小物」阿修羅マイク「ビーフは曲でやれ」

RYKEY「神戸へ来たら許してやる」YZERR 「川崎に来たら相手してやるよ 小物」阿修羅マイク「ビーフは曲でやれ」

一歩的にYZERRに絡んでいたRYKEYだが、ここでYZERRが反応をみせた。

YZERR(ワイザー)はご覧の通りRYKEY(リッキー)に関しては全く興味がなく、ここまで事が大きくなってしまったからしょうがなく対応している様子だ。

一方RYKEYだがLIVE先の神戸で阿修羅MICらとインスタライブ配信を行った。
いつも通りにガンガン煽るRYKEYに対して阿修羅MICは「YZERRお前は曲で返せ」「HIPHOP的なビーフにしようや」など、SNSでの言い合いや直接的な喧嘩じゃなくラッパーなら曲でにしろとカッコイイ事を言ってくれました。

そしてRYKEYは、バラサイとのアルバムで既にレコーディング済みとのこと。
そのアルバムはリリースまでまだ期間があるため、RYKEYはフリースタイルでYZERRへの音源を出すとのこと。

阿修羅マイクがうまくまとめてくれて、良い方向に落ち着きました。
確かに両者共曲でディスりあってくれればエンターテイメント的にも盛り上がって良いですね!

 

Ttwitterでの反応

BEEFカテゴリの最新記事